トップページ > 症状別記事 > 乾燥すると皮膚が荒れてしまう理由

乾燥すると皮膚が荒れてしまう理由

秋から冬にかけて、気温がどんどん下がってきて、外に出るのが辛くなります。
それだけではなく、湿度も低くなり、空気が乾燥してきます。そうなると辛いのが、肌です。
肌が乾燥してしまい、カサカサして痒くなったり、肌が荒れてしまって、特に女性は気になります。
そもそも、なぜ乾燥すると皮膚が荒れてしまうのでしょうか。その理由から探っていきたいと思います。

乾燥肌の原因は

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2_01空気が乾燥してくると、肌の保湿成分が失われていくわけですから、誰であっても乾燥肌になってしまいやすくなります。でも、万人が乾燥肌になるわけではありません。ではその違いは何なのでしょうか。
それは、肌にとって正しいスキンケアをしているかどうかなのです。
本来肌には、水分を保持したり、紫外線やアレルゲンから肌を守る機能が備わっております。よって、いくら空気が乾燥しているからといって、簡単に肌が荒れてしまうことはありません。にも関わらず、乾燥肌に悩んでしまう人がいるのは、単純に保湿能力が低下してしまっているからです。

肌の水分保持力は主に三つの要素が重要となります。
一つ目が細胞間脂質です。セラミドをはじめ、コレステロールや遊離脂肪酸と呼ばれるものです。これが保湿効果の80%を占めております。
二つ目に、NMF(天然保湿因子)です。これは、約18%の水分保持力があります。
最後の2%が皮脂膜です。毛穴から分泌される皮脂が、汗腺から分泌された汗と混ざりできる、いわば天然のクリームです。
肌の保湿は、この三つで構成されております。
本来、こうした機能が備わっているのに、乾燥肌になるのは、生活習慣に原因があります。

日常生活の送り方が大事

肌にダメージを与えてしまう原因は、大きく分けて三つあります。
まずは、スキンケアです。女性の多くが、化粧品や美容用品、洗顔によって、スキンケアを行っております。ただその方法を間違っていたり、肌に合わないものを利用すると、保湿機能が失われ、乾燥肌になりやすくなってしまいます。あまり言われていないのが洗顔です。必要以上に日本人はとくに洗いすぎの傾向にあります。

また、食生活も大切です。特に近年は、ダイエットがブームになったり、ファストフードを食べる機会が多くなり、身体にとって毒となるものが増え、峰なる文などの栄養が不足したり偏っている人がたくさんいらっしゃいます。肌の保湿のために必要な成分が不足し、乾燥肌になってしまうのです。
そして、生活習慣の乱れも原因の一つです。特に睡眠不足やストレスは、肌に大敵とされております。昔は娯楽といえばテレビか本でしたが、今はパソコンやスマホで一日中遊んでいられます。夜更かしする人も多く、肌に悪い習慣を送ってしまうのです。

肺と皮膚の乾燥にも大きな関係がある

%e8%82%ba%e3%81%a8%e4%b9%be%e7%87%a5%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82実は、臓器の一つである肺と肌は深くかかわりがあることをご存知でしょうか。
肺に何かしらの異常が起きると、たちまち肌は荒れ、乾燥してしまうというのです。
何せ呼吸をする時に空気を取り込む器官なので、もろに乾燥の影響を受けてしまいます。ただし、できるだけ鼻から空気を吸い込むことで、適度に湿度を保ってくれて、肺に入る冷気も緩やかにしてくれます。冷気が肺に入ることで、身体の機能が低下し、そこに疲れなどが加わることで、鼻やのどに不調をきたしたり、咳が出やすくなるなど、風邪を引きやすくなります。酷くなると、気管支炎や肺炎などに繋がるので、しっかりと対策しなければなりません。
また、肺と皮膚は繋がっており、皮膚の病気にもなりやすくなります。乾燥肌はもちろんバリアー機能も弱っているため、湿疹なども引き起こしやすくなります。

それを防ぐために、しょうがやニラ、ニンニクなど体を温める食べ物を積極的に摂るようにしましょう。とにかく、体の抵抗力を上げて、肺と皮膚に気を配りながら生活する必要があります。秋から冬にかけては特に要注意です。

秋から冬にかけて、肌にとって辛い季節がやってきます。ただ、しっかりとした生活習慣を送り、身体の解毒(デトックス)をし、必要な栄養素を摂ってさえいれば、乾燥肌になることはかなり軽減されるでしょう。
空気が乾燥しているからと諦めずに、こまめに対策していくようにしましょう。

福岡東鍼灸整骨院の公式ホームページはこちらですhttp://fukuokahigasi.com/